美味しさの秘密

  • 世界チャンピオンの朱さん

    世界チャンピオンが作る、おいしい小龍包!

    上海豫園の一番の自慢のメニューは、「中国一級点心師」の資格を持つ朱さんが作る小龍包。
    「中国特級点心師」とは、中国労働部労働局の監査によって与えられる中国の国家資格。資格を取得するまでに最低15年以上かかり、数ある料理人資格の中でも最高峰の資格となっています。
    また、朱さんは1996年『中国料理世界大会』の点心部門の世界チャンピオン。国家に認められた小龍包の味、是非お試しください。

  • 薄いのに破れにくい皮

    薄いのに破れにくい皮

    小龍包の重要な要素のひとつが皮。
    せっかく小龍包を食べに行ったのに、皮が厚すぎるものはもとより、薄すぎて箸で持ち上げただけで破けてしまう、なんていうものが出てきたら残念ですよね。
    上海豫園の小龍包の皮は、薄いのに破れにくいのが最大の特徴。箸でつかむと、もっちりとした独特の弾力が感じられます。
    しっかりとレンゲに移して、じっくりとスープを味わってください。

  • とけだすスープの美味しさ

    とけだすスープの美味しさ

    小龍包といえばスープ。
    皮の中にぎゅっと凝縮されたスープがじわりと出てくる様子は食欲をそそります。
    このスープ、ただの肉汁ではありません。実は餡の中に、ゼリー状になったスープの煮凝りが加えられているんです。
    餡の中身である肉や野菜、海鮮類とこのスープが絡み合って、上海豫園の小龍包のおいしいスープは出来上がります。

  • 光る職人の技

    光る職人の技

    上海豫園の小龍包は、すべて『中国料理世界大会』の点心部門チャンピオンである朱さんが作っています。
    チャンピオンの技は細かいところまで行き届いており、それらはすべて味にあらわれています。例えば皮に餡を詰めることひとつとっても、餡を皮いっぱいに詰めないと空洞が出来て小籠包がぺしゃんこになってしまったり、小籠包は技術がそのまま味や形にあらわれると言っても過言ではありません。
    是非チャンピオンの作る小龍包の味、お試し下さい。

GO TOP

Copyright(c)2010 上海豫園 All Rights Reserved.